誰にもバレずにお金を借りる方法

失業手当給付を受け取っていますが、生活費として借りることは可能ですか?

お金が必要になったときに頼りになるのが消費者金融です。
しかし、多くの消費者金融では申し込みの条件として、「就業」していることを挙げています。

 

仮に就業中であると嘘をついて審査を申請したとしても、在籍確認をすればすぐに嘘はばれてしまいます。
まず、消費者金融の身元確認を欺こうとしないことが重要です。
もし申告内容に偽証があった場合、契約を行うことはまず出来ません。

 

お金がないから、お金が必要になるのに、「就業」が条件になるというのも少し不可解な話です。
しかし、担保や連帯保証人を必要としない消費者金融では返済のリスクを少なくするためにも「就業」を最低限の条件としているのです。
つまり失業中のキャッシングが原則できないことになります。失業中でも二つ返事でお金を貸してくれる業者があれば間違いなく悪徳業者ですから、そうした業者からは絶対に借りないようにしましょう。

 

では、失業中こそ生活費が足りない、急な出費などでお金が必要になるときにはどうしたらよいのでしょうか?そんなときにはアルバイトをすることでキャッシングが行えるようになります。
大手消費者金融ではアルバイトやパートタイムでも就業とみなされます。失業保険が給付されている期間でもアルバイトさえしていれば、キャッシングをすることができるのです。

 

失業保険中のアルバイトは禁止されていると思われがちですが、実は禁止されているわけではありません。
アルバイトを行った日は就職活動をしていないとみなされるため、受給の日数が減らされてしまいますが、支給額が消えるわけではありません。

 

たとえば、90日間の受給日数のうちアルバイトした日数分、マイナスされますが、あとでその日数分を延長で貰うことができます。ただし、働ける日数は月に14日未満、週に20時間未満と、されていますので、これを超えないように働かなくてはいけません。
失業保険の給付中にアルバイトをした場合には必ず申告をしてください。申告をしないと不正受給となり、受け取った給付金全額を返還しなくてはいけませんし、不正行為以降の失業保険が受給できなくなります。

 

アルバイト先としてオススメなのが派遣社員への登録です。派遣登録では難しい試験や面接がないため、簡単に登録ができます。
派遣社員に登録しておくと、登録しているだけで就業中とみなされますので、実際に働いた実績がなくてもキャッシングが可能です。実際に働いていなければ失業保険の不正受給にもならず安心です。

 

ただし、収入がないわけですから必要以上に借りると返済が苦しくなります。
借りるということは返すということですから返済計画をしっかりとたて、必要最低限だけの借入を行うようにしましょう。

barenai

accept誰にもバレずにお金を借りたい!

電話での在籍確認や郵送物のないカードローンを選べば誰にもバレずにキャッシングすることができます!バレずに借りる3つのポイントをご紹介します!

郵送物なし!arrow誰にもバレずにお金を借りる方法!